■【IKIS】Tool Combination Standard もリリースしましたので、
同様にアップデートを行ってください。

ダウンロードURL、ライセンスコードについての変更はありません。

既にお知らせしているURLよりダウンロードしてアップデートを行ってください。

■ Mercury Web Parser APIが、4月15日に廃止されます。

あなたのところにも4月1日に
THIRD NOTICE: Mercury Parser API Will Sunset in just 15 Days
と言うタイトルのメールが届いていませんか。

3回目の注意:Mercury Parser APIは、後15日で閉じると

メールの内容は、
Third Notice: The Mercury Web Parser API will shut down in two weeks on April 15, 2019.

こんな感じで、4月15日の2週間で停止すると来てました。

もともと、API Key取得のサイトが閉じられたので、
切り替えの準備をしていて、やっと【IKIS】Article APIが完成したので、

今回【Auto Article Generation】に組み込んでリリースしました。

ちなみに【IKIS】Article APIは公開していませんので、ご了承ください。

で、今回 Mercury Web Parser API から、
【IKIS】Article API に切り替えたことで

API Keyは不要になりましたので環境設定画面から、
API Key入力は削除しました。

沢山のかたにAPI Keyが取れなくなったと
お問いわせを頂いておりましたが、
本日よりAPI Keyは必要なくなりました。

今後、API Keyが必要になったとしても
私からの提供になりますので、ご安心ください。

まだまだ、ツールが浸透していないので、
簡単に説明しておきますね。

■ 今回ご提供のツールについて

● 【IKIS】Tool Combination Standard

以下の2つのツールの組合せの名称になります。

・【Keyword Researcher】Standard
・【Auto Article Generation】Standard

どちらもStandardになっていますが、組合せて
【Auto Article Generation】Professionalと同等の機能なってます。

ツールを2に分離したことで、面倒になったとか思わないでくださいね。

ツールを2に分離したことで、記事情報を取得している最中に
関連キーワードの取得も同時に操作できますので、

更に効率化したと考えてください。

旧【Auto Article Generation】Professionalをご購入の方に
無償で、ご提供します。
これに伴って、
【Auto Article Generation】Professionalは廃止されています。

まだまだ、LPなどの変更までは手がついていませんが (^^;

今回、こちらの勝手な変更によって、
ツールのエディションや名称が、

変更になりご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

■ 現在、
・【Auto Article Generation】Professional
・【Keyword Researcher】Professional

の開発を行っています。

組み合わせることによって、

・記事生成の完全自動化。
・裏キーワード取得機能。
・全共起語一覧表示。
・共起語でのブラウザ検索結果表示。
・検索件数取得。
・複数キーワードの一括取得。
・簡易キーワード取得。

などの機能を組込中です。

今回は、

・【Auto Article Generation】Standard Ver.2.02

・【IKIS】Tool Combination Standard Ver.2.0.2

のバージョンアップのご案内でした。

それでは、ツールのアップデート方法について

■ ツールのアップデート方法

1.ツールが起動されていたら終了してください。

2.現在のインストールフォルダを他の場所に
コピーしてバックアップを取ってください。

フォルダごと圧縮してバックアップしても構いません。

3.ツール本体をダウンロードしてください。
単体の場合は、購入時にダウンロードしたURLと同じです。

【Auto Article Generation】Professionalの場合は、
別途、購入者通信でお送りしているダウンロードURLより
【IKIS】Tool Combination Standardをダウンロードしてください。

4.ダウンロードした圧縮ファイルを解凍してください。

【IKIS】Tool Combinationの場合、解凍すると
以下の2つのフォルダが出来上がります。

・AutoArticleGenerationStd
・KeywordResearcherStd

5.単体の場合は、ファイルを現在のインストール先に上書きコピーしてください。

【IKIS】Tool Combinationの場合は、
解凍したフォルダをお好きな場所にコピーしてご使用ください。

6.ツールを起動して、タイトルバーに表示されている
バージョンを確認してください。

以下が表示されていればツールのバージョンアップは完了です。

【Auto Article Generation】Standard Ver.2.0.0
【Keyword Researcher】Standard Ver.2.0.0

■ アップデート情報

● Mercury Web Parser API 4月15日停止に伴い【IKIS】Article APIに切り替え。

● 【IKIS】Article API切り替えに伴って、画面、内部仕様を変更。