記事類似(コピペ)チェックツール【Professional版】販売開始

記事類似(コピペ)チェックツール
Article Similarity Checker【Professional版】販売開始です。

本日より販売開始します。

Article Similarity Checker【Professional版】/【Standard版】
のお申し込みは、以下のURLをクリックしてPayPal
または、銀行振り込みでお申し込みください。

⇒ https://www.toolya.net/sum/asc/ascstdlp

● 注意: 【Standard版】購入者は必ずお読みください

記事類似(コピペ)チェックツール【Standard版】を購入済みの方へは、
【Professional版】への差額アップグレードのご案内を送付しておりますので、
そちらから差額アップグレードでお申し込みください。

もし、アップグレードの案内が届いていないなどありましたら、

ご購入の際の
氏名、メールアドレスを記載の上、
このメールの返信で構いませんのでお知らせください。

アップグレードのご案内を再送させていただきます。

 

上のURLの販売ページは、
【Professional版】と【Standard版】の販売ページになります。

記事類似(コピペ)チェックツール

【Standard版】では、
行単位では完全一致の文章があるかを判定していたため、
完全一致でない行は見逃してしまう可能性がありましたが、

【Professional版】の一番の売りは、
類似率が行単位で表示されるため、、
修正を行う行を簡単に判断できるようになります。

自分で設定した類似率に沿って色分けして表示されるため、
修正するかの判断が、簡単にできるようになります。

【Professional版】では、
インターネット上の文章の
類似【コピペ】率かさらに一目瞭然です。

簡単にお話すると
行の類似【コピペ】率が、40%なら
他の行の兼ね合いにより修正、保留の判断をするとか、

60%以上なら、対象行は必ず修正するなどとすれば簡単です。

当然ですが、類似【コピペ】率は低ければ低いほど
良いというのは理解してもらえるかと思いますが。

・あなたの書いた記事、

・外注さんから納品された記事

・ツールで自動生成した記事
これ、記事自動生成ツール(AAG)の事です。

こんな記事を同じフォルダにコピーして、
フォルダを指定するだけで、

フォルダの中に有るテキストファイル(ファイルの拡張子が txt)
を対象にして、文章を「。!」などで分割して、
分割した文章別に類似率を検証した結果を表示していきます。

ちなみに1つのファイルだけの選択も可能ですし、
文章自体をツール上で記載しての類似率の検証も可能です。

後は、類似【コピペ】率を確認して、
記事のの有効性を決めて行けば良いだけです。

この記事は使いたいけど、
類似【コピペ】率が大きいと言う場合は、

類似率が大きな行を修正すること簡単にできます。

確認方法としては、

・画面の表示でそのまま確認する。

・CSV出力して確認する。

別の方法として、

● テクニック-----------------------------

画面の右側の行を選択して、

CTRL+Aキーで全てを選択して反転表示させて

CTRL+Cキーでコピーして、

テキストエディタやExcelにCTRL+Vキーで貼り付ける。

これでCSV出力(TAB区切り)のような形での出力が可能です。

この方法ですが、私の他のツールでも同様の事ができますので、
ちょっとコピーして確認したい場合など、

覚えておくと何かと便利かと思います。

これって、Windowsの標準機能なんですよ。

CTRL+Aは、全選択。

CTL+Cは、コピー。

CTRL+Vは、貼り付け。

この3つの操作は、Windowsを使う上で必ず覚えておいてほしい
便利なショートカットキーです。

------------------------------------

で、話を元に戻して、

修正した記事をもう一度ツールでチェックして、
類似【コピペ】率を確認して、記事の使用を決めてください。

● 記事修正と、再チェックテクニック------------------

先のコピー方法で、テキストエディタやExcelなどに貼り付け
元の文書をコピーして、次の行に挿入し、
コピーした文章を修正します。

修正した文章を置き換える場合に元の記事の修正箇所がわからなくなるので
必ず元の文章を残しておくようにします。

そうして、全ての修正が終わったら、
ツールの調査記事入力を使用して修正した行だけを貼り付けて調査すると、

修正した文章のみの類似確認を行う事ができます。

確認元の記事に類似確認でOKになった行を更新していきます。

心配性の方は、最後にもう一度、全体の類似確認を行うと良いでしょう。
------------------------------------

Article Similarity Checker【Professional版】ですと
類似【コピペ】率が高い記事でもどこをリライトすれば良いか、
すぐに分かるので、再利用も簡単にできます。

類似【コピペ】率のチェックが簡単にできてしまう

記事類似チェックツール
Article Similarity Checker【Professional版】/【Standard版】

のお申し込みは、以下のURLをクリックしてPayPal
または、銀行振り込みでお申し込みください。

⇒ https://www.toolya.net/sum/asc/ascstdlp

ツールの簡単な紹介動画は販売ページに記載されています。
【Standard版】の動画になります。

5分弱の音声無し動画になっています。

文章の説明では分かりづらいと言う方は、
お申し込みの判断に使ってください。