■ 記事自動生成(共起語抽出)【Auto Article Generation】販売開始

今回の記事自動生成(共起語抽出)ツールは、記事の自動生成方法が2つあって、

●1つ目の方法は、

あなたが書いた記事を選択して、自動生成した記事の保存先を指定するだけで、自動生成した記事が保存先のファイルに書き込まれます。

この方法だと、元の記事が必要なので、キーワードで、サイトの横展開などで、あなたの書いた記事を使用する場合に使用できます。

 

●2つ目の方法は、

キーワードで検索した結果の上位サイトの記事から記事を自動生成します。

キーワードを入力して、「調査開始」ボタンをクリック、後は、調査が完了するのを待つだけです。

調査が完了したら、「調査結果記事生成」ボタンをクリックして、保存先を指定するだけで、検索結果の上位サイトの記事よりあなたの記事を自動生成して保存します。

この時、保存先のファイルを指定するんですが、そのファイル名でフォルダを作成して、その中に複数の記事が作成されます。

複数と書いたのは、検索結果の上位サイトから記事を取得しますが、サイトにより記事部分だけをうまく取得できない場合があります。

この場合は、記事部分でなくHTMLの<body>タグ内の文字を取得します。

この記事が正常に取得できなかったサイトは、記事の自動生成から除外されます。

サイトから記事を正常に取得できたサイトの記事を元に記事が自動生成されるので、キーワードで検索した結果のサイトしだいで、自動生成される記事の数が変化します。

これは、キーワードで上位表示されているサイトしだいなので件数についてはその時によって変わります。

自動生成される記事については、参考にする上位サイトの記事しだいになります。

表が多いサイトの記事だと、記事と呼べる文章が生成されない場合もあったりしますが、

これは、しょうがないと諦めてください。